タグ:大工さん ( 14 ) タグの人気記事

昨日までの雨が嘘のように晴れ渡っている熊本です。
三時の休憩時に、職人さんといろいろと話し込んだ母しゃん^^
昨日は、土石流が流れてくるかと思ったよ!とか、下の川がすごい濁流になって、怖かったとか・・@@
お二人で仕事をされていたのですが、かなりの豪雨で、怖かったとおっしゃってました。
何事もなく、本当によかったです。
家の方も怪我なく元気(笑)
ただ、湿度がたかいので、至る所にカビが来てます><
新しい木だから、余計にそうなのかも?
天気が悪いと、壁も塗れません・・

さて、昨日で、大工さん 一次工事終了^^
まだ、完成ではないのですが、仕上げの段階で、また現場入りされます。
ウッドデッキとかカフェの内装とか・・細かいところが残っているのです。

大工さんが他の現場に移動している間に、左官さんの工事が進みます。
中の壁は、珪藻土に漆喰。インコ部屋は、土壁です。
外の壁は、高千穂のシラス壁(そとん壁)です。
e0173658_1014312.jpg
そとん壁用の下地(モルタル)
お天気次第だから、梅雨明けしたら、どんどん工事も進んでいくと思います。

室内・・
あれから、また少し進んでいますよ^^e0173658_1044493.jpg
e0173658_10539.jpg
浴室の壁と天井にヒノキの壁ができました。
水に強いヒノキだけど、使用後の乾燥は、大事。大工さんにも、助言を受けました^^
e0173658_1065745.jpg
父しゃんがお願いしていた階段。
梯子に近いけど、ゆるやかになって登りやすくなりました。
そして、梯子を登って・・・ロフトの奥には@@
e0173658_1083691.jpg
天井裏の収納です。
丁度、一坪分^^ 隠れ家みたいで、おもしろい(笑)
e0173658_10103159.jpg
ロフトから見た、部屋カフェ^^
まだ、工事中で散らかっていますが、少しずつ形になってきました。
[PR]

e0173658_14544445.jpg
建物正面とカフェスペースは、木張りです。
ぱっと目につくところが、木になるので、この部分を何色で塗るのかがポイント。
e0173658_14591266.jpg
色次第では、洋風の家になったり、イメージがガラリと変わってしまいます。
父しゃんは、『みどり!』@@ なんて、言って笑っていましたが・・
決めなくてはいけない段階にきているので、そんなことも言ってられない(笑)
木そのものの色を生かしたいし、趣だってほしいところ・・難しい
社長:「悩んでくださいね」と、言われたけれど、悩んでも決められない感じ^^;
ついでに、外壁の色も選ばないといけません。
外壁は、シラス壁(そとん壁)にしました。
e0173658_1543553.jpg
理由は・・"シラス壁は、呼吸をします"と、社長に言われたから・・単純な施主です。
暑くない家を目指している我が家にとって、呼吸をすることはとても重要だったのかな^^;きっと。
予算的には、若干上がりますが、結果OKということで、納得です。
さて・・何色にしようかしら?
雨にぬれないうちに、早めに塗装をしないといけません。

さて、家の中も着々と出来ていますよ^^
e0173658_15121126.jpg
下駄箱の天板
e0173658_15124895.jpg
そして、ロフト用の階段。
階段というか、梯子。
見た目、すっきりしてってもいい感じなのですが、実はかなりの角度@@
父しゃん、見た瞬間に 「無理!」と、思ったんでしょうね~
社長に連絡して、もう少しゆるやかにしてもらいました。
大工さん、すみません。
その後、インコケージを置く棚のことやトイレのことなど、細かいところの確認。
色はとても大事だけど、決めることがまだあるの?っていうくらいに、ちょっと疲れてます(笑)

昨日はインコ4羽も一緒だったので、大工さんや左官さんへご挨拶^^
e0173658_1522595.jpg
「こんにちは。うちの御鳥様ですよ~」って。
無口な職人さんたちも、にっこりされて、声をかけてくださいました。
[PR]
今日は、大工の棟梁さんがお一人。
いつも賑やかに職人さんが出入りしているから、何となく寂しい感じでした。
棟梁さん。
黙々と正面の壁を施工中。
インコ部屋と部屋カフェの部分のみ、木の壁にしてもらいます。
だから、正面だけは、左官さんではなく、大工さん^^
e0173658_21786.jpg
木にした理由は・・
インコ部屋に外敵となる侵入者が入らないように。
壁をよじ登れないように、縦張りの木にしました。
玄関とウッドデッキ、それからカフェの木とお揃いで、結果OKと言うところでしょうか^^;
義母が言うんですよ! 『木、ばっかりの家だね』って (笑)
お母様、今頃気づいたのね~(爆)
e0173658_21103851.jpg

棟梁さんのお話だと、大工さんたちの工事も来週辺りで、終わりだそうです。
早いな~何だか寂しいような気もしますが、また、仕上げの段階で作業に来られるとの事。
義母は、一ヶ月ちょっとの間、日に2回、差し入れをしてきたから、その話をしたら、寂しそうにしていました。

大工さんの次は・・
左官さんや水道屋さんや電気・・また、いろんな職人さんが出入りされるんだろうな^^
[PR]
久しぶりの晴天。
熊本市内は、とんでもなく蒸し暑いけど、里山は、涼しい風が吹いていました。
そんな中、大工さんの細かい作業が続いています。

先日、大工さんと話していると・・
大:「鳥は、何羽いるの?」 と、言う会話に(笑)
母:「4羽ですよ^^ セキセイなんです」
すると・・
大:「4羽なら、だいがな広いね~。そりゃぁ~"御鳥様"たい!」・・(爆)

母しゃん、心の中で大笑い。 インコ部屋の広さとこだわり方に、大工さん いつもにんまりと、笑っていらしゃるんですよ。気持ちは、よくわかりますからね~
大工さん! そうですよ うちの4羽は "御鳥様"

それでも、大工さんたち、うちの"御鳥様"のために、とても丁寧な仕事をして下さいます。
感謝です。
そんなインコ部屋、着々と出来てきました。e0173658_21415662.jpge0173658_21422296.jpg
窓には、内側に木窓(網戸)、サッシの外にもアルミの網戸が入ります。
足元には、川用の排水あり^^
e0173658_21444772.jpg
インコたちが、天井の梁などに止まらないように、凸凹にならないように。
インコ部屋は、工夫がいっぱいです^^

インコ部屋のほかにも、いろんなところが出来上がって来ています。e0173658_21475939.jpge0173658_21483058.jpg
自宅用トイレ。
塗り壁用の下地完成。

あぁ!?@@
忘れていました^^;
少し前から、左官さんが来られていて、完成した壁に、漆喰や珪藻土などを塗る前の下地作業をされています。
e0173658_21522525.jpg

外壁の壁にも、下地が施されていました。
内側から数えると・・
塗り壁(漆喰など)、石膏ボードに、それから、断熱材
e0173658_21553027.jpg
そして、外壁材
e0173658_21564760.jpg
その上に、下地になる金網みたいなものにモルタル。
そして、仕上げになるもの。
まだ、この間に挟まっているものがあるかも?知れませんが、素人が数えても、壁って、厚いね~@@
もう、びっくりです。
e0173658_2203662.jpg
壁がいくつにも重なっているように、職人さんもつながっているんですよ。
日々、いろんな職種の職人さんが出たり入ったり。
[PR]
大工さんに負けないように、ブログもついていかないと(笑)
本日、二本目の投稿です^^;

棟上から一ヶ月。
柱が立ち、梁が付き、屋根が乗って・・遮熱シートに、ガルバ屋根。
大きな空間だったところ、仕切りが出来始めました。
個々の部屋です。
LDKに和室、インコ部屋、寝室、浴室・・ぽんと広がっていた空間がこじんまりとした落ち着きのある場所へと変わっていきます。
e0173658_10471034.jpg
浴槽入りました^^
我が家は、ハーフユニット。腰高から上の壁と天井は、ヒノキかな?大工さん仕様になります。
e0173658_1049237.jpg
キッチンの換気扇ダクト。大工工事と平行して、水周りの工事も行われていきます。
e0173658_10554991.jpg
窓を大きくとって、風の流れを感じられるように。
梅雨真っ只中の熊本は、湿度が高く、流れる風が、生ぬるい~><
我が家の工事が春~梅雨、真夏期間に行われることは、とてもよかったと思っています。
蒸し暑い職人さんには、大変申し訳ないのですが^^;
工事中の家の中にいると、日によっても違いますが、風の流れがとてもわかります。
川の近くの窓からは、ひんやりとした風が入り、窓が小さいと、風がそこに淀んでいて、蒸し暑い・・
昨日は、社長と打合せをしていたこともあり、小さな窓を大きくしてもらったんです。
大工さんに迷惑な話ですが、大きい窓!にしたくなったんですよね。敷居にはめ込んであった、コンパネまで外してもらって・・大きい方がいいですよね!と、実体験。
e0173658_1155943.jpg
部屋カフェの窓です。
向かって右は、フックスの大きな大きな窓。
左は、木窓の二枚引き込みタイプ。
中央に薪ストーブが入ります。
窓だらけのカフェ(笑)
そう言えば・・カフェの木窓のデザインを社長から提案していただいていました。
A~Dの4つ。
だけど・・社長すみません^^; 選んだのは、E !! 
Eないんですけどね(笑) Eは 私が描いた窓。 でも・・Eで決定です(笑) 勝手な施主ですから^^;
[PR]

今日は、家の事務処理をする日!と、決めて 父しゃんとご飯も後にして、あちこち動き回る。
何とか、15時には、予定をクリアして・・家の現場へ。
e0173658_2320753.jpg
大工さん、5人体制。
時々 状況確認に伺うと・・新しい空間が出来上がっているから、びっくりします。
e0173658_23235860.jpg
住居スペースと部屋カフェの間に壁が出来始めていました。
家らしいと言ったら、変な感じですが・・家になってきたなぁ~(笑)
e0173658_23252396.jpg
トイレに積まれていた断熱材もすっかり壁に収まり、次に見るときには、きっと見えないんでしょうね~^^

e0173658_23271475.jpg
部屋カフェの窓です。
カフェ玄関(右)と大きな防犯窓。
ガラス部分が入ったら、窓の大きいことにびっくり。
ガラス越しに、ご近所さんへお辞儀をしたり、手を振ったり(笑)、雨や雪や山の色の変わるところを眺めたりするんだろうなと、思ったら・・なんだか、ここに住んでいるような気持ちになってきました。
窓。。
目隠しも、遮るものもない大きな窓。ここから、太陽の光がいっぱい入ってきてほしいな~^^
e0173658_23342185.jpg
木製の窓枠。
カフェの窓の一部分。
サッシと違って、とても味があります。
現在、カフェの内装について、部分ごとに提案をいただいているのですが、決め兼ねています。
木窓のデザイン・・
e0173658_23362737.jpg

キッチン周りに、例のトイレ(笑)
カウンターテーブルの高さから、細かいところいろいろ・・ 
細かい所を決める時。
自分の感性も大事だと思うけれど、そこにある家を見て、決めることも大事だと思っています。
図面の家と立体になった家は、また別物です。
[PR]
屋根がついた小鳥と暮らす家は、内装工事が着々と進んでいます。
e0173658_1455861.jpge0173658_14552576.jpg
玄関とキッチン横の二枚引き込みサッシ。
e0173658_14561593.jpg
木製窓以外は、サッシが入って、すっかり家らしくなってきました。
e0173658_14571413.jpg
LDKに寝室、玄関・・床板もそろそろ完成。

家が着工するまでに、何回も打合せをして、もうないよね^^;・・と、思っていた母しゃんでしたが、大間違い(笑)着工までの打合せは、家の形や断熱材とか屋根、壁・・そして間取り、窓位置・・
家の枠組みだったんですよね。
工事が始まって気づいたこと・・
それは、細かいことは、あまり決めていなかったってことかな~(笑)
特に、部屋カフェの内装については、全く決めていなかったし、イメージとして、話していた程度だったから、今になって悩んでいます。
e0173658_1535019.jpg
水田社長と部分的に話を詰めていきます。
e0173658_1564545.jpg
薪ストーブのこと、炉台の素材や大きさ、デザイン、そして、壁の施工など。
薪ストーブの煙突(黒)が栄えるように、柱を隠すとか・・隣接する窓の位置の確認だとか・・
オーダーメイドのカフェだから、私の一言が、図面になるのです。

カフェ部分の壁はどうするのか?
漆喰、木材? では、張り方は?
現場で決められないことは、持ち帰って決めることにしました。

そんな中、社長が嬉しそうに話されたのが 『トイレ』 のこと(笑)
そうですよ~カフェのトイレです^^
e0173658_15115668.jpg
今は、資材置き場になているカフェのトイレ。
社長も私もトイレに関しては、こだわりたい場所だったんです。
いろんなカフェや喫茶店に行きますが、必ず見るところ・・それがトイレ(笑)
トイレは、どこのお店も個性的で、可愛く、そしてこだわってあるんですよ^^
水田社長、"トイレ"の構想話 炸裂!@@
トイレだけは、特別な空間にしましょう~!と、いうような話でまとまり、母しゃんも社長に一任することにしました。

簡単に書けば・・・ 『ミズタワールド』なトイレ 

どんなトイレになるんだろう~^^
完成見学会に来られる方は、まずトイレから見てください(笑)

まだまだ、決めることは、いっぱいです。
でも、それも楽しみのひとつ。。。
[PR]
e0173658_2125121.jpg
今日は、ガス屋さん登場!自宅と部屋カフェのキッチン、それからお風呂の給湯器。
山の中だし、都市ガスがあるはずもなく、だからと言って、二人暮らしにオール電化は必要ないと思っている我が家ですが、お風呂のために天日は設置することにしました。
だから、我が家の生活燃料は、天日とプロパンガスと九電さんの電気と薪ストーブの薪(笑)
なんとか、これで生活ができるかな^^;
地元のガス屋さんにお願いしたので、ガスコックの設置場所や給湯器の種類、工事にかかる料金のことなど、細かいことの説明を受けました。
ガス屋さんごとに、ガス料金も違ってくるので、給湯器やいろんな条件を考慮して決めたんですが、今回我が家の判断基準となったのは・・ なんと、営業さんが 姉の同級生だったんですよ~(笑)
これは、断れないよね^^;
工事の進み具合にあわせて、ガス工事を行うそうです。
どうぞ、よろしくお願いします^^

さて、現場に通える日は、行くように心がけている母しゃんです^^
お茶を出しに行ったら・・「うわぁ~! 床が張ってあるよ~」
e0173658_21461790.jpg
寝室の床が出来上がっていました。
思わず、棟梁さんに 「床が出来ると、奥行きが広がって・・広いですね~」と、話かけていた。


大工さんって、本当にすごい。
e0173658_21493918.jpg
カンナやノミを使って、細かい作業を進めていかれます。
本当は、隅っこで黙って 見ていたいくらいに、大工さんの仕草や技に見入ってしまいます。
e0173658_21511457.jpg
生活スペースは、普通のサッシを使うのですが、カフェ部分の窓は、木製の手作りです。
サッシではないので、窓枠から手製!
細かい技がすごすぎる@@
作業の様子を義父と眺めていたら、『時間のかかる家だね~』 と、義父。
機械でカットされてくる木材も多いけど、大工さんの手によって、刻まれるところがとても多いことに気づかされる。
e0173658_2157276.jpg

[PR]
e0173658_2205744.jpg
本日、夕方の小鳥と暮らす家。
朝7時過ぎから、夕方18時まで・・数人の大工さん、屋根、電気、建具さん・・
入れ替わりながら、一日がすぎていきます。
e0173658_2254790.jpg
サッシの枠が入りました。
e0173658_2263418.jpg
玄関横の窓。
e0173658_2272529.jpg
インコ部屋の工事も着々と進んでいます。
そして、屋根から煙突用の枠が二つ 顔を出しました。
e0173658_2294146.jpg
大工さん4人体制だから、目に見えて出来上がっていくのがわかります。
床下に断熱材が入ったり、壁に防水シートが貼られたり・・あっという間に終わってしまいそうです(笑)
ゆっくり見ていたい気もするけど・・^^;
e0173658_22144710.jpg


さて、建設現場の隣りの隣り・・実家の軒下に、先日、巣箱を設置した父しゃん。
とんでもないイラスト付きのお手製巣箱。
鳥さんもこれは・・入らないでしょう~(笑)って・・巣箱をすっかり忘れていた家族。
義父が、「鳥が入ってるよ!」と、言うので、覗いてみると・・あら@@
e0173658_22173619.jpg
コケがびっしりと敷き詰められています。
本当だ!野鳥が住んでる・・そこで、母しゃん、張り込んだ(笑)
キタァ~^^
e0173658_22195455.jpg
シジュウカラです。
小鳥と暮らす家が完成したら、庭が巣箱だらけになりそう・・・(笑)
[PR]
午後になって、雷がごろごろ、雨がザザ降りになって・・屋根がぬれてしまいました。
防水シートを貼ってあったので、室内への侵入はなかったですが、雨が降ったのは、ここら辺りだけだったようで、びっくり@@
熊本市の住まいに戻ったら、雨の気配もなく・・あれは?なんだったんだって(笑)

さて、午後、水田社長と待ち合わせ。
現場にて、細かいところの打合せです。
e0173658_2364235.jpg
薪ストーブの炉台の位置確認をしている社長と父しゃん。
煙突の位置とストーブの位置を確認しています。
e0173658_2382919.jpg
ロフトにつける階段の傾斜をどうするかとか、コンセント位置の変更を確認したり、それから・・LANケーブルの位置変更など、図面上で決めたことを再度確認していきました。
e0173658_23112558.jpg
コンセントなんて、壁が出来て、ずい分と先の話かと思っていたのですが、なんと!?屋根工事と同時に配線工事が始まって、びっくり@@
電気配線は、屋根裏から、壁に入って・・床下とかを通るらしいのです。
だから、壁が出来た後に、「変更いいですか?」なんて言っても無理(笑)
そんなことをしたら、床の上や壁の上を配線が見えることになりかねない。
段取りって、大事なんだなぁ~と^^; 素人が見ているから、当たり前のことがびっくりの連続なのです。
e0173658_23175588.jpg
大きな枠の前で施工確認をしている棟梁と社長。
部屋カフェの窓について。フィックスの大きな大きな窓をはめ込むことになりました。
大きくて、明かりが差し込んできて、室内の様子がわかるようにと。
e0173658_2323413.jpg
最後に、義母のことを少しだけ・・
3時の休憩に母が用意してくれたものです。
お菓子にお茶、メロン、そして 手作りのお饅頭。
長丁場になるとわかっているけれど、息子の家が出来るからと、毎日 日に2回、お茶をだしてくれる母。
そんな母が、お菓子を準備しながら、目に涙・・
母が言うにはね・・「大工さんの真剣な姿を見ていたら、感動した」んだそうです。
文章にするととても難しいけれど、義母の気持ちがわかるような気がしました。
[PR]
by chiropi2 | 2010-06-01 23:38 | 打合せ