タグ:ふるさと ( 8 ) タグの人気記事

e0173658_20313321.jpg
いつもの散歩道。
実家のワンコ、りーちゃんと時折歩く道。
家の周りには、こんな木のトンネルが所々にあります。
急斜面が多いから、昔からある雑木の枝が張って、いつの間にか、手をつないでしまった・・そんな感じでしょうか?
家の集落には、雑木もたくさんありますが、常緑樹の檜や杉が多く、紅葉のこの季節になると、濃い緑が目立つんです。
散歩をしながら、思うことは・・
あんな急斜面に、よく植樹したよね~って(笑)
昔の人は、今 以上に山とともに生活があったのだろうけど、よくぞ植えました!と、言わんばかりの場所に緑の木立が@@
すごいです(笑)
里山の紅葉もずいぶん進んで、落葉しています。
そろそろ、本格的に冬支度を始めているのでしょうね~^^
e0173658_20383614.jpg


家の中は、すっかり冬モード。
父しゃんは、気付けば・・薪ストーブの前に座っています。
薪もどんどん減っており、ちょっと心配ですが、とにかくあたたかいです^^
母しゃんは、そんな使用後の薪ストーブで、時々・・これ、焼いてます(笑)
e0173658_20411510.jpg
外がぽかぽかのお昼間には、庭仕事も始めました。
e0173658_20423822.jpg
クリスマス用に、もちの木科の木で「ホーリー」
玄関には、ビオラやパンジー。
e0173658_20434944.jpg
ハーブや苗木。
少しずつ少しずつです。

インコ部屋では、インコたちが、飛び回っています。
寒い日にも関係なく、日課の水浴び^^
e0173658_2046777.jpg

早起き、掃除、ガーデニング・・山仕事、薪割り、ストーブ、焼き菓子、散歩、ワンコ、そして、インコ
[PR]
by chiropi2 | 2010-11-20 20:51 | 暮らし
秋晴れの里山です。
相変わらず、日の出は遅いけど・・どこにでもある田舎の景色。
e0173658_559984.jpg
父しゃんのなんちゃって盆栽も紅葉しています(笑)
我が家の喫茶室は、客間になり、趣味部屋になり・・夜には、宴会場に変わることも(爆)
父しゃんの幼馴染がやってきて、なかなか帰らない夜(笑)だったりね~
夜中、笑い声が響いておりました。
だけど、そんな様子を見ていると、「ここへ帰って来てよかった」と、感じています。

週末には、私の実家から ばあちゃんが御泊りに^^
e0173658_631780.jpg
ウッドデッキに日向ぼっこです。
そんなお庭では・・父しゃんが薪割り(来年用)
カフェの前に、可愛いサークルの薪棚を設置しました。
e0173658_643582.jpg
山の仕事では、どうしても杉やヒノキのような針葉樹(間伐材)が出てきます。
下草刈りや枝の剪定など、山の仕事をしていると、どうしても雑木だけを薪に使うことは、合理的ではないような気がします。
そこで、我が家の場合、そんな間伐材や雑木も含め、手に入りやすい木を薪に使用しています。
今年切った(割った)木は、樫、杉、檜、桜、くぬぎ・・手に入るものは、そのまま薪です。
だけど、針葉樹は、すぐに燃えてしまうので、焚きつけ以外は、大きくカット。

夕方、庭の樫の木にあるものを取付ました。
e0173658_695530.jpg
父しゃん作、鳥の巣箱です。
派手だね~(笑)
だけど、野鳥には、関係ないらしい・・巣箱に目がついていれば、鳥は入ってくれないらしいけどね。
e0173658_6112536.jpg
花壇には、沢ガニ(笑)
小鳥と暮らす家の周りを囲むように、湧水の小川が流れています。
だから、玄関先に カニ!とか・・普通にカニが歩いているんです。
一番びっくりしたのは~実家の風呂場にカニがいたことかな~(笑)
雨上がりには、よく庭でカニを見かけます。
e0173658_6133914.jpg
裏庭では、シイタケ栽培(笑)
折れたシイタケの原木をもらって、立てているんです。
これが、結構収穫が出来て、良い感じになってきました。

我が家の休日・・
そうね~どっこも行かないんですが、あっという間で、気付くと・・家の周辺にいる(笑)
そんな里山の一日。
[PR]
by chiropi2 | 2010-11-08 06:18 | 暮らし
小鳥と暮らす家に越して、3週間。
夏の終わりにやってきた、そんな引っ越しでしたが、吹く風は、すっかり秋になって、冬の気配も近づいて来ているような気がしています。

私の暮らす集落は、山間の小さな村。
e0173658_214149.jpg

昔は、ここに役所があって、肥後の国から豊後の国への関所があったらしい。

集落には、たくさんのじいちゃん、ばあちゃん、おじさん・・若い人もいるけれど、小学生は二人?かな~。
そんな高齢者が多い村なんです。
でも、皆さん とても元気があって、家の周りの草取りや畑の手入れ、山仕事・・家の中でじっとしている人はいない!と、思えるくらいに元気な集落です。

父しゃんは、ここへ越しても、いつもの毎日は変わらないし、大きく変わったこと・・と、言えば、自転車通勤が車に変わったこと^^

だけど、私はね、180度!生活が変わってしまいました。
もちろん、実家のばあちゃんのお世話は、同じように変わりませんが・・

朝から、家事を済ませると、地下足袋を履いて、シイタケ山へ。
集落からもっと山の中へ入って行きます。
義父、母について、山の暮らしを学んでいるところです。
e0173658_21453726.jpg
シイタケ栽培をしている実家の手伝い。
食べるものは、可能な限り 自分で作る生活。
e0173658_21471678.jpg

元々、雑木だった山に、杉や檜などが植林されています。
樹木成長に合わせて、枝を落としたり、下草刈りをしたり・・木を伐採して、間引きをしたり。
人が作った山は、手入れが必要なんだと感じています。
私は、そんな父たちにくっついて、収穫の手伝いや、薪ストーブに使う薪をトラックに積んで帰るんです。
一日の終わりには、母に野菜やシイタケをもらいます。
e0173658_21525389.jpg
木々の間から、お日様がチラリ。
父が「あの太陽が隠れたら、五時頃だから、帰ろうか」って。
山の暮らしは、お日様が沈んだら、仕事も終わりなんです。

上手く書けないけれど、心地よく疲れています。
だけど、人間らしい暮らしをしてるような、そんな毎日です。
コンビニだってありません。一番 近くの自販機は、どこだろう(笑)
そんなところだからこそ、ここに住みたいと思ったのかも知れません。
今日もたくさんのばあちゃん じいちゃんに会釈をして
「今日もよか天気ですね~」って、声をかける。
[PR]
by chiropi2 | 2010-10-18 22:05 | 暮らし
ここ数日、大工さんは 他の現場へ。
義母のお茶出しも少しだけおやすみになって、ちょっとのんびり^^
今日は、父しゃんと川へサンダル履いて、小石集め(笑)
e0173658_20245088.jpg
小鳥と暮らす家の山里は、水だらけと言っていいほどに、水に囲まれています。
集落の間を小さな湧き水の小川が網の目のように流れているし、山の渓谷から流れ出る川が、家のすぐ前 橋の下を流れています。

さて、我が家は、薪ストーブを二台、設置するのですが、自宅用ストーブの炉台は、大谷石を使います。
部屋カフェのストーブには、鉄のプレートをしようする予定だったのですが、何か寂しいような気がして・・
そこで、板土間のカフェ部分には、基礎のすぐ上に板を張ります。
だったら、その基礎を そのまま使ってはどうか?って、ことになりました。
炉台になる部分には、板を張らず、モルタルで形を整えて、その上に薪ストーブを置く!
そのモルタルに、小石やビー玉のようなものを埋め込んだら、きっと可愛いだろうって*^^*
きっと きっと 可愛いに違いない・・私も今、にんまりしています(笑)
そこで・・サンダル履いて・・カゴ持って、下の川まで石集めに行くことになったわけです。
e0173658_20334867.jpg
流れが速い川なので、丸い角の取れた石がいっぱい@@
赤や緑、灰色・・冷たい川に足を突っ込んで、小石を探しました^^
子どもは大好きな水遊びだけど、大人だって・・水に入ると、楽しいんですよ(笑)
気持ちよくって・・楽しい時間になりました。

この川は、父しゃんが、その昔 小学生だったころ・・
学校の水泳の時間に泳いだ川です。
川の一部に深いところがあって、"水泳場"と、言っていたんだとか・・
その頃は、まだ道も橋もなくて、土手を降りて、川の水泳場へ。
道や橋が出来て、時代が変わっても、流れる川は、きっとその当時と一緒。

さて、小石もいっぱい拾ったし、キレイに並べて天日干し。
e0173658_2041875.jpg
e0173658_2041263.jpg
炉台に使ってもらえるかしら(笑)
使って欲しいなぁ~*^^*
[PR]
ぽっかぽかの熊本です。
このブログを始めてから、1年が過ぎました。
色んな手続きや融資、設計・・ゆっくり進んできた我が家の家造り計画。
あっという間に丸1年。
家族からは、「家は建つとかい?」と、言われるくらいにゆっくりのんびり。
明日からは、とうとう3月。
3月の大安のどこかで、"地鎮祭"をすることになりました。
今まで、図面の上だけの計画だったけど、本当に動き出すんだと思うと、ちょっと心配になってます(笑)
家を建てるって、とってもストレスを感じたり、何でもないことに神経質になったりするらしく、不安になっています。
お正月に引いたおみくじに・・
「大きな困難にぶつかりますが、あなたなら大丈夫!」と、書いてありました。
「大丈夫」・・とは、書いてあったけど・・・本当に大丈夫かしら?^^;実は、小心者だったりします。
**********
小鳥と暮らす家の建つ里山は、春です。
e0173658_21191133.jpg
吹く風は冷たいけれど、足元の草が青く伸び、生き物の躍動を感じます。
春。
e0173658_2121292.jpg
群生する黄色い花。
e0173658_21215881.jpg
冬眠していたミドリ亀たちも、今日から活動開始です。
みんなで数ヶ月ぶりの甲羅干し(笑)
e0173658_21231571.jpg
今年で12歳になる、じゅうべいさんです。
「じゅうべい、元気だった?」
池の掃除は、父しゃんの係り。
e0173658_21242520.jpg
ぽかぽかの気温と適度の雨もあって、シイタケの収穫も大忙しい。
e0173658_21262392.jpg
採りたてのシイタケは、香りもよく、肉厚でぷりぷりです。
今夜は、バター醤油味でいただきました*^^*
春の香りが吹く、そんな里山の一日。
[PR]
by chiropi2 | 2010-02-28 21:36 | 四季

寒い日が続いていますね。
寒いというよりも、冷たい・・冷たいんです!
熊本市内でアパート暮らしをしている我が家ですが、週末になると、父しゃんの実家のある県北へ帰ります。
特に、用事があるわけでもないけれど・・理由を探すとするならば、まぁ!習慣ですね~(笑)
しかし、今日だけは・・(--) 行きたくなかった。
冷たいんですよ><
アパートを出て、実家へ近づく・・向こうの山の方が真っ白!@@
真っ黒ではなく、真っ白なんです。
e0173658_2311562.jpg
昼間なのに、雪がガンガン舞っておりました。
時折、日差しが差し込むと、あっという間になくなる雪。
雪に喜ぶちびっ子・・実家の入り口には、小さな雪だるま・・可愛いと、思いたかったけど、冷たすぎました(笑)
大人は・・と、いうと~みんなコタツに入ってるし・・
e0173658_234885.jpg
小鳥と暮らす家の建設予定地は、そんな山間にあります。
母しゃん・・寒すぎて、ここに暮らせるかしら??って、ぼそっと言っていたら、お母様!後ろから、一言。
「慣れよ!慣れ・・」 
我が家が建つ場所。毎回書いていますが、かなり山の中です。
道をちょっと進めば、そこは大分県だし、熊本市内が雨ならば、ここは雪が降ります。
標高が少し高いだけで、こんなにも気候が違うんですね~
夏は涼しく、春と秋はとっても心地いい^^ だけど、冬は半端なく寒い(笑)
そんな雪が融けた冷たい道路を実家ワンコりーちゃんと散歩へ。
e0173658_2314761.jpg
吹き抜ける風も強烈でした。りーちゃん、あんたは裸足で本当にすごいよ^^
さて、寒空のし下で"ユーカリ"は、どうなっているんでしょうね?散歩の途中で寄ってみました。
e0173658_23163941.jpg
茎が真っ赤です。
横に枝をいっぱいに広げて、元気です。
アパートのユーカリもそうですが、雪や霜が下りても、落葉しないんです。
冬には落葉するものだと思っていたから、ちょっと感動しています。
きっと、オーストラリアの方が厳しい環境にあるんでしょうね。
我が家が越してくる前に、ユーカリはちゃん根付いておりました。
これから、真冬本番!
春からの着工にして正解でした。お正月は、今年も雪になりそうです。
[PR]
by chiropi2 | 2009-12-19 23:28 | 四季
お盆休暇に入った父しゃん。
前々から、気になっていたことがあり、実家へ。
小鳥と暮らす家は、その実家のすぐ側に建てます。

我が家が建つ予定の場所です(建設予定地)^^
e0173658_2121813.jpg
現在、農地。
家が建つ前に、宅地申請して、農地→宅地に変更しなければなりません。
宅地にするために、ここ数ヶ月は、耕さず放置してあったので、草が伸び放題になってしまいました。
そんな雑草の種が落ちないうちに、刈り取りをしました。
e0173658_2171919.jpg
炎天下の中、汗だくで、草刈りをする父しゃん。
草って、すぐ生えるから大変です。
家の庭に植えたい木として、以前購入した苗木も随分と大きくなっていました。
『胡桃』です。青々として、元気いっぱい。
e0173658_21102037.jpg
工務店さんと打合せることも、たくさんありますが、それまでに自分たちでできること、しなくてはいけないことがいっぱいあります。
e0173658_2114143.jpg
草刈りを始めて、2時間ほどで完了。
父しゃん、ごくろうさまでした。
e0173658_21155038.jpg
夏休みのど真ん中、涼を求めて、山の方へ行く車多数。
家が建つ場所は、そんな涼しげな場所にあります^^
[PR]
by chiropi2 | 2009-08-09 21:19 | 四季
小鳥と暮らす家は、山の中。
川の上流・・野鳥が鳴く、里山に建つ予定です。そこは、父しゃんの故郷で、それから・・母しゃんの終の棲家になる予定(笑)
今日は、早起きをして、出かけました。
『田植え』
この週末、御近所さんもみんな田植えのシーズンなのです。
田植えをするのは、義父ですが、義母と父しゃんと私は、田植え機でも植えにくい場所などの、隅の場所を手植えしていきます。
田んぼ用の長靴を持っていないので、父しゃんと二人・・裸足で田んぼへ。
足はどろどろ~、服も泥はね!(笑)
でもね~田植えをしながら、この場所にもうすぐ来るんだな~と、思うと嬉しくなりました。
初夏の棚田。
キレイで、ちょっと感動でした。
だから、そんな里山をちょこっと紹介します^^
e0173658_22333369.jpg
石積みの段々畑
e0173658_22341336.jpg
田植えの終わった棚田。秋には、黄色い稲穂と真っ赤な彼岸花でいっぱいになります。
ここは、彼岸花の里です。
e0173658_22355534.jpg
e0173658_2236523.jpg
実家のワンコ、リボンと散歩をする父しゃん^^
生活のすぐ側に水がある暮らし。
山から湧き出る水が水路になって、田んぼや家々の間を流れているんですよ。
e0173658_224191.jpg
棚田の横に実っていた 杏梅。初夏です。

小鳥と暮らす家
家を建てることも大切だけど、その場所を大事に思ったり、田舎の住人になることが大切なんだと感じています。
[PR]
by chiropi2 | 2009-06-07 22:49 | 四季