カテゴリ:思う( 5 )

大工さんが 他の現場に移動した後、毎日 お一人で作業をされてきた左官さん。
内壁の珪藻土に漆喰、それから、タイル貼り・・
タイルも洗面所にトイレ、台所にカフェ・・
一年で一番暑いであろう毎日を、我が家の新築工事に関わっていただいたことに感謝。
e0173658_2084492.jpg
最後は、薪ストーブの炉台と基礎部分の仕上げ、玄関の仕上げ・・
家は、大工さんが作るもの・・ そんなイメージだったけど、誰一人の職人さんが欠けても、完成しないのです。
「後、何日くらい来られるんですか?」と、聞くと・・
「う~ん 4.5日くらいかな?」・・ 

大工さんが移動されるときも、さびしかったけど、左官さんにくっついていた母しゃんだから、急にさびしくなりました^^;
e0173658_20144490.jpg
漆喰や珪藻土の壁のこと、タイルの掃除の仕方とか、いろいろ教えてもらいました。
まだ、家の工事もこのブログも終わっていないけど、途中に思うこと・・
家って・・お金を払って買うものだけど、その現場にいろんな人が携わっていて、それぞれの想いがあるんだなと感じています。ブログを書いているおかげで、地鎮祭の神主さんの顔まで浮かんでくる母しゃんです(笑)
[PR]
by chiropi2 | 2010-08-06 20:22 | 思う
先日のこと・・
部屋カフェの内装のことで、ミズタホームの事務所へ伺いました。e0173658_1146487.jpg
伺う度に、思うこと・・
よーく見ると、社長のお宝と思えるような品が増えていっている(笑)
どこから見つけて来られるのか?
古い木材だったり、枝だったり、骨董品店にあるような道具・・
駐車場に五右衛門風呂があったりして、目で見て楽しい。
これが、きっとセンスと呼ばれるものなんだろうな~と思います。

あの人は、センスがいい!とか・・よく言葉に出しますが、センスって??
私もよくわからないけれど、きっとそれは、「私のすきなもの」のこと、なんだと感じています。
良いとか素敵とか、悪いとか・・いろんな言い方があるかもしれないけれど、
「すきなもの」に囲まれていることが、きっと幸せ。
すきなものは、人それぞれだから・・自分のこれが好きだ!って、いう気持ちが形になれがいいなと思ってます。
なんで、こんなことを書いたかというと・・
カフェの内装で、現在思案中・・
世間でいう流行だとか、センスが良いとかではなく、自分が好きなものを並べたようなカフェ。
自分は好きではない空間に、きっとお客さんは来てくれないもんね・・
だから、日々 社長と すきなもの を並べて、話し込んでいます。

この日は、トイレの床について(笑)=ミズタワールドなトイレ
社長が、お気に入りの石を持って、入ってきた@@
次に、どこから持ってきたんだろう? 古材の木材・・
それから、外材・・いろんなものが事務所の中でデスプレイされて、賑やかな打合せになりました。
途中で社長の奥様の意見もお聞きしたりして^^
トイレ!どうなるんでしょうね~(爆)


次に 車に乗って、業務用のリサイクルショップへ。
e0173658_1201221.jpg
山のように並べてあるシンクや作業台など。
閉店した店舗から流れてくる中古品。
新しいものやかなり使い込まれたものまで・・しかし、安い!
営業のお兄さんに相談しつつ、スケールを手に持った社長と一緒に、とんとんと契約、前金(笑)
リズムのあるお兄さんだったから、値切りを忘れてしまうくらいに早かった^^;
中古でいいと思っていたけれど、結局 新品を購入。
仕入れの関係でかなりお得になっていたのには、びっくり@@
社長と二人で、この価格なら、新品で決定!

注意: 飲食店を始める時には、事前に 地域の保健所に行って、調理スペースの打合せをした方が、いいと思います。私も、山鹿市の保健所の担当者の方と図面を見ながら、相談をしてきました。
[PR]
by chiropi2 | 2010-07-08 12:08 | 思う
我が家の家話には、不思議なご縁話があります。
私と父しゃんが出逢った時、ある共通点のあることでびっくりしました。
それはね^^
父しゃんのお父上と母しゃんの兄弟の名前が同じだったこと @@
ありそうでなかなかないですよね。
そして、「小鳥と暮らす家」を建てようと・・工務店探しをして、水田社長に出会った時、またまたびっくり!
そうなんですよね~ また名前が同じだったこと。
お父上と兄弟と社長の名前が一緒だったんです(笑)
それが決めてとなり(笑)、ミズタホームさんに、工事を依頼することにしたんですが(これは冗談ですが^^;)
この話はまだまだ続くのですよ^^
インコたちの獣医さん、日ごろの診察はもちろんのこと、実は"小鳥の部屋"のアイディアを出してくださっていて、設計に関わってくださっった先生。
その!獣医さんも・・なんと 同じ名前@@ ここまで偶然が続くと、偶然からご縁に変わって・・
私も父しゃんも、驚かなくなってきました(爆)
でもね~まだまだ続きます^^
農地転用の時、役所の担当者の方も なんと同じ名前だったのです!
役所のカウンターで、担当者に名前を聞き返した母しゃんです。
すごいな~。こんなことって有ですか!?

今日は、午後から父しゃんお休みをとりました。それはね^^
e0173658_20402746.jpg
工務店さんから、工事の請求書が来ていたから、振込みのためにお休みをしたんです。
とっても大事なことなので、二人して慎重になりました。
この封筒が届いたときに、目に入ってきたのが、この切手!!
"天皇陛下即位記念"の切手
普通の80円切手ではなくて、記念切手で送られてきたありがたや^^; 請求書。
結婚式の招待状に鶴のおめでたい切手を貼ることと似ている感じがして、母しゃんこっそり笑いました。

ありがたい請求書を持って、某金融機関へ。
そうしたら、担当者の方が、「ミズタホームさん?近見のミ・・ミズタさんですか?」と、聞かれたんです。
振込み作業をしながら、担当者さんと話していると、ミズタホームさんをよく知っていらして、またまたびっくり@@
名前は違ったんですけどね^^;

日々の生活の中で、こんな偶然が続くとほっとします。何かに導かれているみたい(笑)
これから、工事が進んでいくにつれて、同じ名前の職人さんがいらしたりして^^;

そういえば・・
先日、水田社長に父しゃんの誕生日を聞かれたんですよ^^
そうしたら、なんと!!? 
父しゃんと社長の誕生日が一日違い@@ 

ご縁だね~*^^*
[PR]
by chiropi2 | 2010-04-19 21:00 | 思う
今日は、美術館へ行ってきました。
県立美術館分館で開かれている 『相田みつを全貌展』
姉に誘われて出かけたのですが、行ってよかったです。
e0173658_19571153.jpg
相田みつをさんの本には、これまでたくさん出逢ってきたけれど、こんなにたくさんの作品を見るのは初めてです。

自分の人生に重ねて・・
自分自身のこと・・
生きる
出逢う・・

特に、何についてまじめに考えるとかではなく、いつもの自分と向き合うこと。
今を見つめること・・

その中にこんな作品がありました。

e0173658_20165897.jpgうまれた
ときは
まるはだか
死ぬときは
それも捨て
てゆく
  みつを



そう~捨てていくんです。
そして、額の横に、作品の紹介文がありました。

何かに迷った時には
「あってもなくてもいいもの」を捨てることにしたのです。
この一句は、私の迷いを整理するための、古くて新しい物指です。


みつをさんは、捨てるという言葉で表現されていた。
“捨てる”の作品の前に立って、何度もなんども読み返しました。
そうだよね~
自分の物指をもつこと。

例えば、家を建てるに当たって・・
しっかりとした物指をもつこと。
自分自身の人生の物指をもつこと。

今の生活の中に、今だけ、家を建てるという日常が飛び込んできた。
それを始めたから、出逢えた人や関わってきたものがたくさんある。
いっぱい悩んだり、迷ったりするけれど、それもいいような気がしてきました。
みつをさんじゃないけど、“人間だもの” (笑)

そして、こんなに考えたり、悩んだりしたこと・・それも、いずれ・・捨てていくんだな~と思ったら、すっと気持ちが楽になりました。
言葉って、文字ってすごいな~。
私も決して 上手な文章じゃないけれど、こうやってブログに書き込むことで、日々、立ち止まっている自分がいるのです。

美術館に誘ってくれた姉に感謝。ありがとう
[PR]
by chiropi2 | 2009-04-05 20:26 | 思う
色んな部屋の手の届く場所に、本があります。
物語にはまってしまって、夜更かしをしたり、暇な時に、何となくめくってみたり、時には、人から本を紹介されたり・・本、最近は雑誌を読むことが多いけど、我が家では大切なものの一つです。
e0173658_21583096.jpg
これは、TVの横にある本箱。家を建てると決めてからは、建築の本とか薪ストーブの本が並んでいます。
母しゃんの本は、お菓子の本とかが多いかな~^^
その隣には、これ^^;鳥飼いさんの家にはあるだろう・・コンパニオンバード(笑)
e0173658_2205143.jpg
特に父しゃんは、形から入る男なので、何かにハマルと・・手当たり次第に本を買ってきます。
だから、あっという間に揃ってしまうのです。
今、母しゃんが手にしているのは、この本。「自給自足」
e0173658_224137.jpg
昨夜、書店に行ったとき、中を見たわけではないけれど、ものすごくひかれて購入しました。
自宅に帰って・・開いてみると、ステキな特集が組んであって、思わずじーんときてしまったんですね。
和歌山県でカフェをされている方の特集でした。カフェを開くことが夢だったことや悩んだりしたことなどが綴られています。
最後のページにこんな言葉がありました。

新しいことを始めるのって
本当に勇気がいるし、お金もいる。
不安もあります。
でも、とりあえずやってみることが
大切なんじゃないかな。
何もせずに後悔するなら
失敗して後悔するほうが、
ずっと、ずっと、いいと思う。 ・・
「自給自足」24 P88より 

このページを開いたら、今の自分に言われているようで、背中をトンと押されたような気がしました。
そうだよね~誰だって、不安はある。

小鳥と暮らす家を建てるにあたって・・
母しゃんのわがままでその一角にカフェを作ることになりました。
本当はね・・お菓子作りや料理をすることはとっても好きなんだけど、お金をもらって、経営をするとなると・・本当はとっても怖いんですよね。
そのことは父しゃんにも相談したんです。だけど、同じように、私の背中をトンと押してくれたんです。

思わず手にとってしまった雑誌。
買うように決まっていたのか知れません。
がんばろうわたし!自分らしく前に、進もう・・ 
[PR]
by chiropi2 | 2009-02-26 22:17 | 思う