カテゴリ:おしまい( 1 )

師走も半ばを過ぎ・・今年も、終わりの方が近くなってきました。
念願だった、我が家も無事に建ち、父しゃんとインコ4羽を連れて、無事に引っ越しも出来ました。
振り返ると、突風の中の地鎮祭に始まり(笑)
大雨で棟上げが伸び~^^、異常なほどの猛暑の中での家づくり・・(--)
今年の異常気象を総なめにして出来上がった我が家(爆)
思い返すと、あっという間でしたね~^^

今日は、一日中 粉雪が舞う寒い日だったけれど、この場所にこだわって建てた家だから、そんな粉雪もきらきらとして、目に写ります。
家の中には、終日 薪ストーブが燃えていました。
薪をストーブにくべる時には、感謝をして ストーブへ。
何年もかかって、大きくなった木を一瞬にして、燃やしてしまう現実・・
それでも、オレンジ色に燃える炎から、もらう暖かさは、何とも言えない感動があります。

我が家の本棚に一冊の絵本があります。
『ぼくの鳥の巣絵日記』著:鈴木まもる
e0173658_20291725.jpg
この本は、私と父しゃんが大好きだったカフェの奥様が、とても好い本だからとすすめてくださったもの。
主人公の家族が、山の中の家に住み、四季を通して、野鳥などの生き物を観察したり、田畑を耕したり、薪割りをしたり・・自然とともに暮らしていくお話です。
e0173658_20342141.jpg
e0173658_20344291.jpg
ものすごい観察力で、細かに表現されている野鳥の暮らし。
お気に入りの本があると、いつもバックに入れて持ち歩く私ですが、この本もそんな一冊です。
「ぼくの鳥の巣絵日記」
何回読んでも、我が家と重なります。
どうして山の中に住んでいるのか?(笑)
主人公家族の気持ちが伝わってきます。

小鳥と暮らす家・・
家の前の道を、一日 何台?車が通るのだろうか?
一番近い、自販機はどこ?
棚田、彼岸花・・小川、カニ、シイタケ・・(笑)
一瞬にして沈む夕日。
ここは、何にもないところだけど、何もないということが、素敵なところ・・

今日で、このブログはおしまいです。
ミズタホームの皆さま、ブログを見に来てくださった方々^^
長い間 どうもありがとうございました。
e0173658_20514477.jpg

「小鳥と暮らす家」は、おしまいですが、「小鳥と暮らす」は、これからも続けていきますので、どうぞ遊びにいらしてください
^^
ありがとうございました。感謝。。
[PR]