カテゴリ:暮らし( 4 )

山のお家に引っ越しをして、親戚一同から 言われ続けていたこと・・
それは、『新築祝い』
師走を前に、やっと開くことができました。
水田ご夫妻にもご出席いただきまして、夜の部までいれると・・総勢32名!
住居スペースの方では、鯛にお寿司に~の大宴会。
そして、喫茶スペースでは、一日だけの「喫茶チロリ」open!
前日に、インコ部屋を修復する父しゃん。
e0173658_16423142.jpg
「父しゃん、何してるの??」と、言わんばかりのチャッピーくん(笑)
新築祝いに、いきなり穴の開いたインコ部屋を見せるのも・・ちょっとね~^^;
e0173658_1644918.jpg
姪のMちゃんが飾ってくれたお花です。
そのうち、うちでバイトしてくれそうな気配あり(笑)
e0173658_1645653.jpg
カフェの薪ストーブも一日中、燃えてくれました。
その日は、とっても寒い日だったから、ストーブの周りには、お客様^^
e0173658_16462332.jpg
母しゃんは、5種類のケーキを焼いて、スタンバイ(笑)
コーヒーにフレッシュジュース。
本棚にもたくさんの本を並べて・・楽しい新築祝いの会。
最後のお客様が帰る頃には、外は真っ黒。
e0173658_1648433.jpg
「星に手が届きそう」そんなやりとり・・
嬉しいね~
そして、ありがとうございます。
[PR]
by chiropi2 | 2010-11-30 16:52 | 暮らし
e0173658_20313321.jpg
いつもの散歩道。
実家のワンコ、りーちゃんと時折歩く道。
家の周りには、こんな木のトンネルが所々にあります。
急斜面が多いから、昔からある雑木の枝が張って、いつの間にか、手をつないでしまった・・そんな感じでしょうか?
家の集落には、雑木もたくさんありますが、常緑樹の檜や杉が多く、紅葉のこの季節になると、濃い緑が目立つんです。
散歩をしながら、思うことは・・
あんな急斜面に、よく植樹したよね~って(笑)
昔の人は、今 以上に山とともに生活があったのだろうけど、よくぞ植えました!と、言わんばかりの場所に緑の木立が@@
すごいです(笑)
里山の紅葉もずいぶん進んで、落葉しています。
そろそろ、本格的に冬支度を始めているのでしょうね~^^
e0173658_20383614.jpg


家の中は、すっかり冬モード。
父しゃんは、気付けば・・薪ストーブの前に座っています。
薪もどんどん減っており、ちょっと心配ですが、とにかくあたたかいです^^
母しゃんは、そんな使用後の薪ストーブで、時々・・これ、焼いてます(笑)
e0173658_20411510.jpg
外がぽかぽかのお昼間には、庭仕事も始めました。
e0173658_20423822.jpg
クリスマス用に、もちの木科の木で「ホーリー」
玄関には、ビオラやパンジー。
e0173658_20434944.jpg
ハーブや苗木。
少しずつ少しずつです。

インコ部屋では、インコたちが、飛び回っています。
寒い日にも関係なく、日課の水浴び^^
e0173658_2046777.jpg

早起き、掃除、ガーデニング・・山仕事、薪割り、ストーブ、焼き菓子、散歩、ワンコ、そして、インコ
[PR]
by chiropi2 | 2010-11-20 20:51 | 暮らし
秋晴れの里山です。
相変わらず、日の出は遅いけど・・どこにでもある田舎の景色。
e0173658_559984.jpg
父しゃんのなんちゃって盆栽も紅葉しています(笑)
我が家の喫茶室は、客間になり、趣味部屋になり・・夜には、宴会場に変わることも(爆)
父しゃんの幼馴染がやってきて、なかなか帰らない夜(笑)だったりね~
夜中、笑い声が響いておりました。
だけど、そんな様子を見ていると、「ここへ帰って来てよかった」と、感じています。

週末には、私の実家から ばあちゃんが御泊りに^^
e0173658_631780.jpg
ウッドデッキに日向ぼっこです。
そんなお庭では・・父しゃんが薪割り(来年用)
カフェの前に、可愛いサークルの薪棚を設置しました。
e0173658_643582.jpg
山の仕事では、どうしても杉やヒノキのような針葉樹(間伐材)が出てきます。
下草刈りや枝の剪定など、山の仕事をしていると、どうしても雑木だけを薪に使うことは、合理的ではないような気がします。
そこで、我が家の場合、そんな間伐材や雑木も含め、手に入りやすい木を薪に使用しています。
今年切った(割った)木は、樫、杉、檜、桜、くぬぎ・・手に入るものは、そのまま薪です。
だけど、針葉樹は、すぐに燃えてしまうので、焚きつけ以外は、大きくカット。

夕方、庭の樫の木にあるものを取付ました。
e0173658_695530.jpg
父しゃん作、鳥の巣箱です。
派手だね~(笑)
だけど、野鳥には、関係ないらしい・・巣箱に目がついていれば、鳥は入ってくれないらしいけどね。
e0173658_6112536.jpg
花壇には、沢ガニ(笑)
小鳥と暮らす家の周りを囲むように、湧水の小川が流れています。
だから、玄関先に カニ!とか・・普通にカニが歩いているんです。
一番びっくりしたのは~実家の風呂場にカニがいたことかな~(笑)
雨上がりには、よく庭でカニを見かけます。
e0173658_6133914.jpg
裏庭では、シイタケ栽培(笑)
折れたシイタケの原木をもらって、立てているんです。
これが、結構収穫が出来て、良い感じになってきました。

我が家の休日・・
そうね~どっこも行かないんですが、あっという間で、気付くと・・家の周辺にいる(笑)
そんな里山の一日。
[PR]
by chiropi2 | 2010-11-08 06:18 | 暮らし
小鳥と暮らす家に越して、3週間。
夏の終わりにやってきた、そんな引っ越しでしたが、吹く風は、すっかり秋になって、冬の気配も近づいて来ているような気がしています。

私の暮らす集落は、山間の小さな村。
e0173658_214149.jpg

昔は、ここに役所があって、肥後の国から豊後の国への関所があったらしい。

集落には、たくさんのじいちゃん、ばあちゃん、おじさん・・若い人もいるけれど、小学生は二人?かな~。
そんな高齢者が多い村なんです。
でも、皆さん とても元気があって、家の周りの草取りや畑の手入れ、山仕事・・家の中でじっとしている人はいない!と、思えるくらいに元気な集落です。

父しゃんは、ここへ越しても、いつもの毎日は変わらないし、大きく変わったこと・・と、言えば、自転車通勤が車に変わったこと^^

だけど、私はね、180度!生活が変わってしまいました。
もちろん、実家のばあちゃんのお世話は、同じように変わりませんが・・

朝から、家事を済ませると、地下足袋を履いて、シイタケ山へ。
集落からもっと山の中へ入って行きます。
義父、母について、山の暮らしを学んでいるところです。
e0173658_21453726.jpg
シイタケ栽培をしている実家の手伝い。
食べるものは、可能な限り 自分で作る生活。
e0173658_21471678.jpg

元々、雑木だった山に、杉や檜などが植林されています。
樹木成長に合わせて、枝を落としたり、下草刈りをしたり・・木を伐採して、間引きをしたり。
人が作った山は、手入れが必要なんだと感じています。
私は、そんな父たちにくっついて、収穫の手伝いや、薪ストーブに使う薪をトラックに積んで帰るんです。
一日の終わりには、母に野菜やシイタケをもらいます。
e0173658_21525389.jpg
木々の間から、お日様がチラリ。
父が「あの太陽が隠れたら、五時頃だから、帰ろうか」って。
山の暮らしは、お日様が沈んだら、仕事も終わりなんです。

上手く書けないけれど、心地よく疲れています。
だけど、人間らしい暮らしをしてるような、そんな毎日です。
コンビニだってありません。一番 近くの自販機は、どこだろう(笑)
そんなところだからこそ、ここに住みたいと思ったのかも知れません。
今日もたくさんのばあちゃん じいちゃんに会釈をして
「今日もよか天気ですね~」って、声をかける。
[PR]
by chiropi2 | 2010-10-18 22:05 | 暮らし